東京・渋谷 メアリージェーン / Mary Jane

東京・渋谷 メアリージェーン / Mary Jane

「メアリージェーン」は1980年の大改装によって現在の店舗のかたちができあがったが、改装前の70年代は、かなり趣の違う店だった。

いまは山手線が後ろに見える白く塗られた板張りの壁側に大きな窓が並んでいて店内に明るい光が射し込んでくるが、改装前は、その壁一面は茶色の板張りだった。

採光は、壁側の黒いベンチシートのおよそ20㎝ぐらい上に板一枚分の縦幅でくり抜かれた細長い数個の小窓からだけだった。この小窓はいまも当時のまま残っている。

席に座ると、ちょうどその小窓から渋谷駅の山手線のホームが見えた。夜になって外が暗くなると、車内灯のついた電車がゆっくりと動いていくのが細長い小窓からのぞいて見えて、それを眺めながらシリアスなジャズとともに時間が流れていくことがとても都会的に感じる空間だった。それは渋谷の街にふさわしい光景だった。

「メアリー」のスピーカー・スペースの左脇には、この店を訪れた海外のミュージシャン、たとえばアンソニー・ブラクストンやジョセフ・ボウイ、ヘンリー・カイザーたちがサインを書き込んだ改装前の茶色の壁板がいまもそのまま残されている。

「メアリージェーン」ジャズ喫茶案内

1980年の大改装の後、「メアリーはジャズ喫茶ではなくふつうのカフェになったらしい」という噂が、当時の東京のジャズファンの間で流れた。

現マスターの松尾さんは、このメアリー転身後の1984年から1992年まで、アルバイトとして店を実質的に切り盛りしながら働いた。その後、いったん店から離れたのち、2005年に改めて2代目としてメアリーの経営を引き継いだ。

松尾さんが正式に2代目になってからは、アルバイト時代よりもさらに「ジャズカフェ路線」が鮮明になった。アルコールや飲食のメニューはかなり増えた。

食事は洋風を基本としたもので、自然食を謳っているわけではないが、化学調味料や冷凍食材、出来合いのものは使わずに手作りの味にこだわり続けた。

福島店主時代から定評のあったエスプレッソや紅茶の味は、当時のスタイルのままいまも受け継いでいる。

また、東日本大震災の1カ月ほど前に「全面禁煙」を打ち出したことで、訪れる客層もかなりかわった。

「禁煙にしたのは、煙草を吸わなくなった自分にとって喫煙環境で仕事をしているのがつらくなったという、ただそれだけの理由です。これで昔からのお客さんで来なくなった人はずいぶんいましたね。『ジャズ喫茶なのに煙草が吸えないとはなにごとか』と(笑)。禁煙にしたからといって、女性客が劇的に増えたとか、そういうことはなかったです」と松尾さん。

「メアリージェーン」ジャズ喫茶案内

いま、「メアリー」に来る客は、20代から60代過ぎまで多種多様だという。

ただ、食事目的でやってくる若い女性客は、昔ながらのスタイルを変えていない他のジャズ喫茶に比べれば、やはり多いようにもみえる。

ジャズカフェに転向した「メアリー」だが、ではジャズを軽く扱っているのかというとそうでもないところが、またこの店の特徴かもしれない。

「〝変わりました〟ということを売り物にしているわけでもないんですよ。わかる人にはわかってもらえればいいというつもりで、さりげなくやっているので。ただ、いかにもジャズ喫茶というかたちを期待している人には、あてがはずれてしまうところもあるかもしれませんけど」(松尾さん)

1980年の大改装後から「メアリー」が目指してきたのは、ジャズだけが売り物ではなく、食事や居心地のよさでも高い水準を目指した、総合力をそなえた「ジャズカフェ」だった。

それは、ここ2、3年のうちに注目され始めた「新世代感覚のジャズ喫茶」と呼ばれる新興店のスタイルの先駆けとなるものといっていいだろう。

しかし、繰り返しになるが、評価や評判がすでに定まった店の方向転換にはたいへんな困難とリスクがともなう。

「メアリー」大改装の翌年の1981年、道玄坂にあった老舗「デュエット」が渋谷東急百貨店本店の向かいに移転、バブルの到来とともに当時流行のカフェバーに雰囲気を変えたものの、残念ながらそこではもはや「ジャズ」は、ただの添えもの的なあつかいになっていて、90年代に入って閉店してしまった。

いっぽう、いまも「メアリー」ではジャズがしっかりと流れていて、1920年代のデューク・エリントンから現代にいたるメイン・ストリーム・ジャズ、そして世界各国の最新のコンテンポラリー・ジャズまで、扱う音楽は幅広い。

入り口のすぐ脇にあるレコード棚には、先代福島マスター時代のレコードコレクションがそのままそっくり残されており、1日3,4枚はその棚のレコードがかけられるという。

「メアリー」が、方向転換してからも36年間、飲食店の激戦区渋谷で生き抜いてこられたのは、「ジャズ」を切り捨てずにさりげなくこだわり続けてきたことにあったのかもしれない。

その場の雰囲気や客層に合わせて、そこにぴったりとマッチするレコードやCDを一枚一枚選んでいくというジャズ喫茶由来のスタイルが、一般的なカフェでは体験できない居心地のよい空間を客に提供することになったのだ。

いまでも個人的には新譜の8割はフリー・ジャズを買い続けているという松尾さんだが、もしかりにジャズになんの愛情も執着もない者がこの店の経営を引き継いでいたら、「メアリー」はここまで続けてはこられなかったのかもしれない。

「僕が店を引き継いだときに考えたコンセプトのひとつとして、この店のスペースを多くの人に使ってもらうことがありました。たとえばライブですが、当初は僕が企画やブッキングをやっていて、ソロではなくてデュオか、多くても4人ぐらいの編成で、初顔合わせの組み合わせが面白いんじゃないかと思って始めました。だんだん億劫になってきて、いまはオファーをいただいたらやっていただくようにしています。音楽だけではなくて、写真展などの展覧会もやってきました。料理教室でも反原発イベントでも、なんでもいいんですよ。残念ながら僕にはそういう企画力がないものですから、周囲にそんなアイディアを考えてくれる人がいてくれたらいいなあと思いながら、ずるずると今までやってきてしまったことがジレンマですね」

経営を引き継いだ当初の理想にはまだまだ遠く、やり残したことがあるという松尾さんだが、その「メアリー」が、2018年9月をもって閉店となることが決まってしまった。

2027年まで続く、100年に一度といわれる渋谷駅周辺の再開発事業によって「メアリー」が入っているビルも取り壊しになるのだ。

当初は、店の営業は2017年3月までという告知を受けていたのだが、東京五輪開催による資材価格の高騰のために予算がオーバーしてしまい、予定よりも着工が1年6カ月延ばされた。

だがいずれにしても、再開発が行なわれることに変わりはない。

待ったなしの時代の大きな変化を前に、創業44年を数えたこの店の物語も間もなくその幕を閉じようとしている。

(了)

 

※参考資料『ジャズ喫茶に花束を』(村井康司著/河出書房新社刊)

渋谷「メアリージェーン」ジャズ喫茶案内

「メアリージェーン」ジャズ喫茶案内

「メアリージェーン」ジャズ喫茶案内

MaryJane/メアリージェーン

  • 店主:松尾史朗/創業年:1972年4月28日
  • 住所:東京都渋谷区桜丘町2-3 富士商事ビル2F
  • TEL:03-3461-3381
  • アクセス:JR、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急東横線、東急田園都市線「渋谷」駅から徒歩4分、京王井の頭線「渋谷」駅から徒歩5分
  • HP:あり/SNS:なし
  • 営業時間:火〜木、土、日 12:00-23:00、金12:00-24:00 ※ランチタイム12:00〜15:00 (休:月曜)
  • ライブ:不定期開催
  • ディスク数:レコード約4,000枚、CD約4,000枚
  • リクエスト:不可
  • 喫煙の有無:全席完全禁煙
  • メニュー:ランチセット/今週のスープセット(サラダ、コーヒー、デザート付き)900円、チキン・キーマ・カレー(サラダ、コーヒー、デザート付き)900円、各種スパゲッティーセット(サラダ、コーヒー、デザート付き)1,000円、今週のリゾット(サラダ、コーヒー、デザート付き)1.000円
  • 通常メニュー/各種コーヒー(レギュラー)600円〜、各種紅茶(ポットサービス)800円〜、各種ソフトドリンク700円〜、各種デザート600円〜
  • 各種ビール750円〜(カールスバーグ樽生600円)、各種ウィスキー700円〜、各種グラスワイン600円〜、各種日本酒850円〜 ※午後6時以降アルコール注文の場合はチャージ¥500(スナック付き/ナッツ3種は食べ放題) ※メニュー詳細はHPをごらんください

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

AD & Recommendations

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

A D