東京・渋谷 メアリージェーン

東京・渋谷 メアリージェーン

渋谷のジャズ喫茶「メアリージェーン」©ジャズ喫茶案内

渋谷に新しい風を吹き込んだジャズカフェ

 

渋谷はかつてジャズ喫茶の多い街でもあった。

1950年代の「スイング」「デュエット」といった人気店に始まり、60年代に入ってからは道玄坂界隈とその近くの百軒店に「オスカー」「SUV」「DIG」渋谷店、「ブルーノート」「ブラックホーク」(のちにロック系喫茶店に転向)、「ありんこ」「音楽館」「ブレイキー」「ジニアス」「ジニアスⅡ」などの多くのジャズ喫茶が密集して活況を呈した。

しかし、バブル期の頃から翳りが見え始め、やがてそのほとんどが90年代の終わりまでに姿を消してしまった(『ジニアス』は1989年に中野新橋に移転)。

往時から営業を続けている店はJR渋谷駅南口のすぐ近く、桜丘 の「メアリージェーン」だけとなった。

この店を「渋谷に残る唯一のジャズ喫茶」としている記述をたまにみかけるがそれは誤りで、いま渋谷には道玄坂上に2002年にオープンした「JBS」、神山町に2014年にオープンした「渋谷SWING」と、合わせて3軒のジャズ喫茶がある。

ただし、「メアリージェーン」を「渋谷の老舗ジャズ喫茶」と紹介することは、2代目で現マスターの松尾史朗さんにとっては、ちょっと抵抗のある表現かもしれない。

「私がこの店を引き継いだのは2005年ですが、そのときから店のコンセプトははっきりしていました。『ジャズ喫茶だけど食事も美味しい』というのではなくて、『食事を目あてにきたら、音楽もよかった』という店です。ジャズ喫茶というよりもジャズカフェ、さらにカフェ・レストランのようなイメージを持っていただけるといいんですけど、ただ、それは理想であって、現実にはなかなかそうはなっていない面もあります…」

松尾さんが「あくまでも理想」というように、かつてジャズ喫茶として東京でもトップクラスの評判を得ていたこの人気店の方向転換はなまやさしいことではなかった。

「メアリージェーン」の開業は 1972年4月28日。

創業者の福島哲雄氏が大学卒業まもない22歳のときに、同年代の仲間たちの手を借りて銀行から融資を受けるなどして資金を集めて始めた。仲間には大学の建築科を出た者が多かったので内装は自分たちで作った。

オーディオもやはり大学の物理学科にいた音響好きの仲間が組み上げ、手作りのスピーカー・ユニットをぜんぶで10万円ぐらいで仕上げた。

レコード・コレクションは当初は500枚ぐらいと少なかったが、海外雑誌のオークション情報で知り合った外国のコレクターたちと手紙でやりとりをして 1枚3ドルから5ドルという安値で仕入れる方法を開拓して、開店4年目には約3000枚までに増やした。

このように、既存のジャズ喫茶のやり方の真似をせずに、独自のアイディアで道を切り開いていくのが「メアリージェーン」のスタイルだった。この新しい感覚から生まれた方法論は、ジャズ喫茶の生命線ともいえるレコードのかけ方にも持ちこまれた。

四谷のジャズ喫茶「いーぐる」の後藤雅洋店主は、ハードコアなフリー・ジャズからECMレーベルに代表されるクラシック音楽や現代音楽に近いもの、そしてオーソドックスなメイン・ストリーム・ジャズまで、振れ幅の広い音源を自然に違和感なく繋ぎ合わせてストーリーを作ってしまう「メアリージェーン」独特の選盤術(DJプレイ)に、それまでの「DIG」などの名門店にはなかった斬新なセンスを発見して驚き、その技術を盗むために足しげく通ったが、福島店主の選盤術が天性のものであり、ノウハウ化して自分もマネができるものではないと気づいてあきらめたという話をその著書『ジャズ喫茶リアル・ヒストリー』(河出書房新社)で打ち明けている。

当時ジャズ喫茶通いをしていた若い客たちは、新しい風を吹き込んできたことへの共感や信頼をこめて、「メアリー」という愛称でこの店を呼んだ。

「メアリー」の評価を決定づけたのは、毎週水曜日に開催された「恵まれないアーティストのアヴァンギャルド特集」というレコード・コンサートだった。

アメリカのみならずヨーロッパも視野に入れ、独自の経路で入手した無名のミュージシャンたちのレコードを紹介するジャズ喫茶は当時の東京にもなかったため、このイベントは毎回かなりの盛況だった。

これによってジャズ喫茶としての「メアリージェーン」は有名店となったが、その反面、「前衛ジャズの店」というイメージも定着してしまうことになった。

「メアリージェーン」にはバド・パウエルやソニー・ロリンズのコンプリートなコレクションをはじめ、メイン・ストリーム・ジャズのレコードも取り揃えられてはいたが、そういう音源よりも前衛ジャズを求めて聴きにくる客も迎えなければならないという、ジレンマに陥るようになった。

「僕は出来上がった風評と闘い続けてきましたよ」と創業者の福島哲雄氏は『ジャズ喫茶に花束を』(村井康司/河出書房新社)で語っているが、ただ、70年代後半の「メアリー」には、やはりフリー・ジャズがよくかかっていたというイメージがあったことは否めない。

それは、当時のジャズのフロントラインで活躍していたのが、それまでのモダン・ジャズではなく、ロフト・ジャズやポスト・フリーと呼ばれる前衛的な音楽のミュージシャンたちであったことと関係があるだろう。

時代の先端を追いかけ、ときには時代の先回りをして新譜をいちはやく客の耳に届けるというジャズ喫茶の使命を忠実にはたそうとすると、必然的にアヴァンギャルドな内容のレコードをかけることが多くなり、その結果として「前衛ジャズの店」という印象を客に刻みつけてしまったのではないだろうか。
(次のページへ続く)

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

A D

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)