ジャズ喫茶のマッチ 東北

ジャズ喫茶のマッチ 東北

ジャズ喫茶のマッチ東北編。

マッチコレクター松浦成宏さんの貴重なコレクションと当サイト運営管理人ジャズ研ジャズ喫茶部さん所有のアイテムをここにまとめて掲載します。

福島のジャズ喫茶「ジュノ・セ・ママ」のマッチ ジャズ喫茶案内

福島県郡山市にあったジャズ喫茶「じゅの・せ・まま」。90年代初めにJR郡山駅近くの同店を訪ねました。1959年創業の古い店で、私が行ったときは創業者の娘さんが2代目店主でした。すぐそばに、マッチの裏面に書かれてある「ジャズコーナーMAMA」があったようです。コルトレーンをはじめ、メインストリームから前衛的なものまでかかっていました。スピーカーはフィリップス。(松浦)

仙台のジャズ喫茶「アド」のマッチ ジャズ喫茶案内

1966 年の創業、仙台ではいちばん古いジャズ喫茶だったといわれる「アド(ad’)」。1976年に仙台駅近くの同店を訪れてマッチをいただきました。アート・ブレイキーの大きなパネルがかかっていたような記憶があります。スピーカーはJBLランサー。近くの東北大学の学生がよく来ていたようです。私が訪ねて数年後に閉店しました。(松浦)

仙台のジャズ喫茶「カウント」のマッチ ジャズ喫茶案内

創業1971年、東北で有名なジャズ喫茶としていまも健在の「カウント」。1976年に東北へ旅行したときに仙台駅から歩いて東映近くにあった同店を訪れマッチをいただきました。マッチの裏にはこの店のオーディオの詳細が記載されています。大きなアルテックA5のスピーカーに向かってテーブルが並べてあり、本格的なジャズ喫茶でした。ハードバップが流れていましたが、店名のとおりカウント・ベイシーなどのコレクションが凄いようでした。(松浦)

青森のジャズ喫茶「BUD 」のマッチ ジャズ喫茶案内

1976年に青森駅から歩いてホテル・ユニヴァースの向いにあった「バド」を訪れ、マッチをいただきました。創業は1966年、店名はBud Powellからとったものと思われます。店内は暗く、山小屋風な感じでした。『ジャズ日本列島51年版」によると所有レコードは5,000枚と当時としてはかなりの数です。「ヴォリューム高くリクエストに応じます」と同誌に書いてあるようにかなりの音量でジャズを流していました。アンプは「ソニー、パイオニア」、スピーカーは「オンキョー、ソニー、ジムラン、パイオニア他)と同誌にあります。(松浦)

 

青森のジャズ喫茶「disk」のマッチ ジャズ喫茶案内

1972年創業、いまも健在の青森の老舗ジャズ喫茶「ディスク」。1976年に青森駅から歩いて、古川町にあったこの店を訪れてマッチをいただきました。マッチの横には国道古川・佐々木金庫ビルと記載されています。その1年後に新町に移転しましたが、現在は同市柳町で1980年から姉妹店として展開していた元「new disk」が本店となっています。メインストリームのジャズが中心でスピーカーはヴァイタボックス。店内の設計は、新町店と同じく、新宿「New Dug」を手がけた岩淵浩輝氏。(松浦)

 

創業1960年と青森市内ではもっとも古い歴史を持つお店「ブルーノート」。ただし、65 年にいったん閉店し、現在の店は1998年に再開しました。このマッチは再開後に作った新しいもの。60年代当時の店の珍しいマッチは当サイト「ジャズ喫茶の物語 青森 ブルーノート」に掲載しています。(ジャズ研ジャズ喫茶部)

創業1960年と青森市内ではもっとも古い歴史を持つ「ブルーノート」。ただし、65 年にいったん閉店し、現在の店は1998年に再開したもの。このマッチは再開後に作った新しいもの。60年代当時の店のマッチの写真は当サイト「ジャズ喫茶の物語 青森 ブルーノート」に掲載しています。(ジャズ研ジャズ喫茶部)

秋田のジャズ喫茶「KOW」のマッチ ジャズ喫茶案内

秋田県・大館市のジャズ喫茶「KOW」。創業1972年と古く、大館市内で3店舗展開している焙煎珈琲店「加賀コーヒー」のオーナーがマスターを務める店として地元では知られています。フリージャズを除く、メインストリーム中心とした幅広いジャズをかけています。スピーカーはJBLエベレストDD55000とタンノイ・スターリングTW。(ジャズ研ジャズ喫茶部)

 

水沢のジャズ喫茶「レイブラウン」のマッチ

岩手県水沢市のジャズ喫茶「レイブラウン」。1974年創業。レイ・ブラウンとの親交があつく、店主の結婚式にはレイ・ブラウン夫妻が出席したほどの仲。店主がコツコツと長年かけて仕上げたお店同様に、マッチにも手作り感があふれています。(ジャズ研ジャズ喫茶部)

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

A D

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)