ジャズ喫茶の作法とマナー

ジャズ喫茶の作法とマナー

「俺はジャズ喫茶に入るときはゴキブリのように誰にも気づかれずにするりと忍びこむ」と書いた人がいた。

私がジャズ喫茶に行くようになってからのこの40年間、一度も店主に叱られたことも店で悶着を起こしたこともなかったのは、この「ゴキブリのようにいつのまにか忍びこみ、ゴキブリのようにいつのまにか姿を消す」という作法にあったのではないかと思う。まちがっても肩で風を切るような入店はしていない。

「マスターに怒られるかもしれない」「常連客にからまれそう」と不安になる若い人はやはり多いようだ。

窓も何もなく、外から内の様子をうかがうことのできない造りの多いジャズ喫茶について、「敷居が高い」とあれこれ想像をめぐらせてしまうのは無理もないと思うが、実際のジャズ喫茶では、そんな心配とは裏腹に拍子抜けてしまうほど、何も起きない。

それでも不安で仕方がないという人のための転ばぬ先の杖として、「ジャズ喫茶の作法とマナー」をかんたんにまとめてみよう。

知らない店ではカウンターには座らない。

ジャズ喫茶にかぎらず、カウンターはたいがい常連客が占めるところだ。

カウンターから離れたボックス席に座れば、オーダーのとき以外は店主やスタッフや他の客と接触をすることはまずないので、ここでじっと座ってジャズを聴いていれば、面倒なことが起きることはまずない。

どんなにカウンターまわりがにぎやかで楽しそうでも、けっして疎外感などにとらわれぬように、「ワタシはここにジャズを聴きにきたんだ、友だちを探しにきたわけじゃないんだ」と念じよう。

ただし、たまに「よかったらどうぞ」と客が持ってきた菓子や果物やつまみのおすそ分けにあずかることがあるが、そんなときは遠慮なくいただこう。

カウンターしかなかったので座ってしまった。

ボックス席もあるのにわざわざカウンターに座ったときには、マスターもスタッフもその他の客も「もしかしてこの人は会話がしたいの?」と気をつかってしまうこともある。

だが、カウンターしかない店の場合は、必ずしもそうではないことを周囲も了解しているので、会話の意志のないときは、黙々とジャズに耳を傾けていればいい。文庫本などを取り出して読むのも大丈夫だ。

ただし、カウンターのどまんなかに座って新聞紙を広げたり、スマホでゲームを始めるのは傍若無人と周囲からニラまれる可能性がある。

だらしなく、アホみたいに聴け。

ジャズ喫茶で自分の身を守る最良の方法はジャズを真剣に聴くことだ。

かかっているレコードをちゃんと聴いているかどうかは必ずマスターに伝わるので、熱心に耳を傾けている客はけっして悪い扱いはうけない。

ただし、「マスター、オレのジャズ愛をホメてください」といった承認要求の強い態度はブロックされがちだし、反対に「マスターよりもジャズを知っているぜ」という下剋上の匂いが鼻につくようだと粛清の対象となることもある。また、「もっといいスピーカー・ケーブルあるよ」なんてオーディオ改善提案もタブーだ。

「ジャズは、ジャズ喫茶で、だらしなくアホみたいに聴くのがいちばんいい」と平岡正明が書いたように(男の隠れ家別冊『ジャズを巡る旅』あいであ・らいふ刊より)、ジャズ喫茶では才気というものは必要ない。

さらにいえば、マスターや他の客の存在など忘れてしまうぐらい無私となってジャズに没入できれば、ジャズ喫茶でイヤな思いをすることはまずない。

トイレで落書きをしない。

かつてのジャズ喫茶の客について、修行僧のように求道的でひたすら禁欲的であったとか、無言であることを強制された、まるで大人しい羊の群れであったかのように語られることもあるが、当時のジャズ喫茶の便所の壁一面にびっしりと書き込まれた無数の落書きを見れば、昔の客たちがそんなタマではなかったことはすぐにわかる。

いま、店のものに勝手に触ったり、オーディオブースに許可無く入り込んで覗いてみたり、貧乏ゆすりで音楽とは無関係のビートを刻んで周囲の空気を落ち着かなくさせている客(主に中高年男性)というのは、たいがいが、かつては他人の店のトイレに平気で「打倒帝国主義」とか「●●殲滅」とか「コルトレーン命」とか相合い傘の下に片思いの女の子と自分の名前を書いていた輩である。

そういう不遜さはおのずと態度や顔に出てくるもので、店主の逆鱗にふれるようなことを必ずどこかでやらかしてしまう。ジャズの世界では先輩ではあるが、こういう人たちのマネをしてはいけない。

(次のページへ続く)

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

A D

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)