ジャズ喫茶はいつからジャズ喫茶となったのか

ジャズ喫茶はいつからジャズ喫茶となったのか

日本のモダン・ジャズ黎明期のジャズ喫茶

秋吉敏子や渡辺貞夫らは、ジャズ喫茶という名のライブスポットで仕事をするいっぽう、最新のモダン・ジャズのレコードを揃えたジャズ喫茶で本場アメリカのトレンドを勉強していた。そうしたジャズ喫茶のなかでももっとも早い時期に知られていたのは有楽町の「コンボ」だ。

この店については渡辺貞夫や岩浪洋三などがふれてきているが、いちばん詳しく語られているのは相倉久人の『至高の日本ジャズ全史』(集英社)だ。

相倉が「コンボ」を知ったのは1952年4月に東京で行なわれたジーン・クルーパ・トリオ公演の帰りだった。

コンサートが終わって会場を出ようとしたとき、誰かが「この近くにジャズのレコードを聴かせる店があるので寄ってみないか」といい出した。

ちょうど二、三人前を歩いていた牧さん(筆者注:ジャズ評論家の牧芳雄)も誘ってそこへ向かった。

場所はJR有楽町駅前の、中央口と京橋口のちょうど中間点。そのロケーションの利点を、のちにぼくは気障っぽく「ひといきに突っこめば、傘のいらない射程距離内に、その店はあった」と紹介したことがある。

ぼくよりひとつ年上の、小柄な男がマスターの川桐徹。みんなその背格好から「ショーティ」と呼んでいたが、やがてそれがナマって「ショーリさん」になった。初めは店に最新式のSPオートチェンジャー(一〇枚ほどのSP盤をセンタースピンドルに積んでおくと、一枚終わるごと自動的に次の盤がセットされ連続して演奏ができる)を仕込んでいたが、この初回の訪問時にはベニー・グッドマン楽団のカーネギーホールでの演奏(《ライヴ・アット・カーネギーホール一九三八(完全版)》としてCD化)がかかっていたのを思い出す。

やがて「コンボ」にも十インチLPが入り、米アドミラル社製の再生装置に変わった頃から「モダンジャズの店」の看板を掲げるようになった。常連として足繁く通いだすのは、その頃からである。

相倉が「コンボ」の常連になった頃には、たくさんのジャズメンが来ていた。

シャープ&フラッツの原信夫やジョージ川口、松本英彦、宮澤昭といったスターをはじめ、秋吉敏子、守安祥太郎、八城一夫、鈴木章治、与田輝夫、フランキー堺、高柳昌行、西条考之介、八木正生、三保敬太郎、澤田駿吾、ナベプロの社長になる渡辺晋や野々山定夫(ハナ肇)とのちに結成されるクレージーキャッツのメンバーたち、そして宇都宮からやってきた渡辺貞夫。白木秀夫がのちに結婚する水谷良重(現、八重子)と一緒に遊びにきたこともあったという。

ライターでは久保田二郎、福田一郎、そしていソノてルヲやまだ学生だった大橋巨泉や湯川れい子も来ていた。写真家阿部克自もまだ学生だった。常連というほどではないが、植草甚一や油井正一も来ていた。秋吉敏子に連れられてハンプトン・ホースも来た。変わり種では阪急ブレーブス選手で、のちにチーム専属通訳となったバルボンも顔を見せていた。

ミュージシャンが多かったのは、銀座や築地を仕事場としていた彼らが、クラブ通いの行き帰りに立ち寄ったからだ。1950年代前半、日本では銀座、有楽町がもっともジャズのにぎやかな町だった。

相倉によると、銀座、有楽町には鉄骨作りのビルが集中していて、東京の大半が空襲で焼け野原になったあとも、このエリアだけはわずかな補修で使用可能な建物が多く、進駐軍が接収後、GHQ本部を配置するのに都合がよかった。このため、いちはやく高級エンターテインメントの花も咲いたわけだ。

有楽町の「コンボ」は約6坪ちょっとのスペースだったという。外光が入りやすい造りだったため店内は明るく、「ジャズ喫茶特有の暗澹たる雰囲気とはほど遠かった」(相倉久人)。客の出入りがひんぱんで、「いつも和気あいあいとした空気があふれていて」、仕事場に通うジャズメンの休憩場所として愛されていたようだ。

また大橋巨泉によると、はじめは銀座の「スイング」に行っていたが、「名曲喫茶のように」静かに行儀よくしていなければならない店内になじめず、「コンボ」を知ってからはその自由闊達な雰囲気が気にいってすっかり常連になってしまったという。そして、スイングやディキシーのレコードばかりだった「スイング」に比べて「コンボ」はモダン・ジャズ中心だったことにも魅かれたようだ(『ゲバゲバ70年! 大橋巨泉自伝』講談社より)。

大橋巨泉が挙げているように、「コンボ」にジャズメンや評論家たちが集まってきたいちばんの理由は、当時はまだ珍しかったモダン・ジャズのレコードが豊富にあったからだ。

横浜「ちぐさ」も秋吉敏子や渡辺貞夫がレコードを目当てに東京から通っていたことで知られているが、1950年代前半は、ジャズ業界人にとってジャズ喫茶は最も重要な情報源だった。

秋吉や渡辺と親交の深かった天才ピアニスト守安祥太郎などは、バド・パウエルからウディ・ハーマンやディジー・ガレスピーのビッグバンドまで、SPレコードの再生をもとに完璧に採譜することできたという。

1954年7月、この守安祥太郎を中心に横浜・伊勢佐木町にあるクラブ「モカンボ」で行なわれた真夜中のジャムセッション、いわゆる「モカンボセッション」は、日本のモダン・ジャズ黎明期を語るうえで欠かせない歴史的出来事だが、参加したミュージシャンの多くは「コンボ」の常連であった。

相倉によると「コンボ」で出会ったミュージシャン同士の間でジャムセッションの話が持ち上がることが多かったという。このような交流の場として、当時のジャズ喫茶は大きな役割を果たしていたのだ。

50年代後半のある日、相倉が「コンボ」を訪ねてみると、店の扉には鍵がかかったままで、それっきりその扉が開くことはなかったという。客の誰にも知らせないまま、とつぜん閉店になったのだ。

店主は夜逃げしたと語る人もいるが、真相はわからない。こうして有楽町の「コンボ」は伝説の店となった。

『スイングジャーナル』1953年8月号に興味深いコラムがある。

パーカーのレコードを沢山集めている喫茶店に新宿のエルザがあります。ここは本誌ブラインドホルド・テストを録音する所として、又ジャズ・フアンのたまり場として好評を得ています。又、毎月定期的にレコード・コンサートを開いています。

これは「鳥と月の関係について」という題の1/3ページ程度の囲み記事の一節である。署名はない。

チャーリー・パーカーについて書いたものだが、フランキー堺を取り上げた「今月のスタア」という見開き2ページの記事の右隅に、なんの関係もなく唐突に入っている。おそらくスペースが空いてしまったために、急遽埋め草として編集部員が書いたものではないかと推測する。そして日頃懇意にしている新宿の「エルザ」という喫茶店の宣伝をしてあげようというサービス心もあったのではないか。

今月のスタア フランキー堺

「今月のスタア フランキー堺」の右隅に入れられた囲み記事「鳥と月の関係について」スイングジャーナル1953年8月号

この「エルザ」という店はジャズ喫茶らしいが、その存在は今ではほとんど語られることがない。

「本誌ブラインドホルド・テスト」云々とあるが、「ブラインドフォールド・テスト」とは、1940年代後半にアメリカのジャズ評論家レナード・フェザーが考案したゲームで、ジャズメンに事前に演奏者の名前を知らせずにブラインドフォールド(目隠し)で音源を聴かせ、その曲に対して星印による5段階評価をさせるというもの。

当初は『メトロノーム』誌上で行なわれたが、1956 年からは『ダウンビート』誌に企画が移り、カウント・ベイシーをはじめ、マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、セロニアス・モンク、チャールス・ミンガスなどが参加して同誌の名物企画として現在に至るまで長年人気を保ち続けている。

『スイングジャーナル』誌でも1953年にこの企画が連載され、原信夫や海老原啓一郎など、日本人ジャズメンのスターたちが毎号登場している。おそらく同誌はこの喫茶店「エルザ」にテープレコーダーを持ちこんで店のレコードを録音し、それをミュージシャンに聴かせてテストしていたのだろう。

先に挙げた有楽町の「コンボ」以外にも、1953年ごろには、従来のスィング・ジャズだけではなく、モダン・ジャズのレコードを買い入れることによって集客をはかるジャズ喫茶が存在していたことがこの囲み記事からわかる。

この囲み記事と同じ号の巻頭に、たいへん珍しい広告が掲載されている。東京・西新橋あたりにあったと思われる「ONYX(オニックス)」というジャズ喫茶の広告だ。

Processed with MOLDIV

ジャズ喫茶「ONYX」の広告。スイングジャーナル1953年8月号

この広告に驚かされるのは「珈琲とModern Jazzの店」と明記されていることだ。

筆者の知るかぎりでは、これは「モダン・ジャズ」という言葉が初めてジャズ喫茶の広告に登場したものだ。

「ONYX」という店についての資料がいまのところほとんどなく、その店の詳細はわからない。興味深いのは、この広告が表紙をめくって2ページ目の上段に掲載されていることだ。

この前号までの長い期間、『スイングジャーナル』はこのスペースを「目次」の定位置としていた。

本来、表紙裏のこのスペースは、雑誌の中ではもっとも広告掲載料金の高いスペースであり、また、雑誌の要といってもよい目次に替えて喫茶店の広告を載せるというのは、出版社側にしてみれば、ずいぶん思い切った判断である。

かなりの金額が動かないかぎり、このスペースを広告のために売ることはない。さらにこの「ONYX」の広告は、この号から1953年12月号まで4号連続して同じ場所に掲載されていて、相当の予算が注ぎこまれたことが推測される。

面白いのは、この号の次の9月号からは、同じ店でありながら広告デザインがまったく違っていることである。

ジャズ喫茶「onyx」の広告/スイングジャーナル1953年10月号

ジャズ喫茶「ONYX」の広告。スイングジャーナル1953年10月号

8月号のデザインと比べると、まるで別の店のようだ。なにより「珈琲と Modern Jazz」というフレーズが消えて「COFFEE&JAZZ」に変更されている。このデザインで12月号まで連続掲載されたことを考えると、広告主は明らかにこちらのデザインのほうが気に入ったのだろう。

なぜこのようなことが起こったのか。

ここから先は、筆者のまったくの推測を述べる。

まず、8月号と9月号以降のデザインを見てすぐにわかる違いは、8月号のデザインのほうが、見開き2ページで見たときに、全体の調和がとれていることである。使われているイラストにしても文字にしても、すべてが洒落ている。

いっぽう、9月号以降の広告は、ページを見開いて眺めたときにあきらかに全体の調和を乱している。自社の広告さえ目立てばいいというデザインだ。

そして地図などの具体的情報も掲載されて、8月号のような情報量の少ない、スカしたデザインとはコンセプトがまったく違う。ひとことでいえば、チラシ広告のような具体的かつ実用的なものだ。

スイングジャーナル表紙裏の上段に入ったジャズ喫茶「onyx」の広告/(上)スイングジャーナル1953 年8月号(下)スイングジャーナル1953年10月号

スイングジャーナル表紙裏の上段に入ったジャズ喫茶「ONYX」の広告/(上)スイングジャーナル1953 年8月号(下)スイングジャーナル1953年10月号

おそらく8月号の「ONYX」の広告原稿は編集部サイドで制作したものではないだろうか。

編集部にとっては、表紙裏の、雑誌全体の巻頭にあたるこのスペースは雑誌の魂のようなものである。しかし、営業上やむなく広告を掲載しなければならなくなった以上は、できるかぎり、誌面の雰囲気を壊さないように洒落たものを作ろうという配慮が働いたのではないだろうか。「珈琲とModern Jazzの店」というコピーも編集部員の考案によるものかもしれない。

この8月号を見て広告主は、これでは気取りすぎていて宣伝効果に疑問を抱いたのだろう。当時はまだそれほど一般には人気のなかった「モダン・ジャズの店」とはどういうことかと怒りさえしたかもしれない。

9月号以降のこの店の広告の、フリーハンドで雑に描かれたイラストも地図もプロの仕事にはみえない。店の名前は英語名にあわせて「オニックス」とカタカナ表記が追加され、住所も前号では「田村町4丁目日本生命裏」だけだったのが「芝田村町4丁目93」とより具体的になっている。

この連続掲載以降、「ONYX」の広告は『スイングジャーナル』には登場していない。また、ジャズ喫茶としてその後、この店のことを語る人はほとんどいないようだ。

(次のページへ続く)

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

A D

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)