ジャズ喫茶はいつからジャズ喫茶となったのか

ジャズ喫茶はいつからジャズ喫茶となったのか

「ジャズ喫茶」という呼び名がいつから始まったのか。どうやらいまだにこの問いに対する明確な答えはないようだ。しかし、いま手持ちの資料をもとに、できうる限りこの謎の解明に近づいてみたい。

ジャズ喫茶の始まりは、1929年(昭和4年)に東京・本郷赤門前に開業した「ブラックバード」からというのがほぼ定説となっている。

おそらく、その前にも蓄音機でジャズを聴かせる喫茶店はあったと思われるし、実際、大正時代末期の横須賀に「白樺」というこの町のジャズ喫茶第1号とでも呼ぶべき店があったと書き記したものもある(『ヨコスカ・ジャズ物語』太田稔著 神奈川新聞社刊)。

横須賀に限らず、海外のモノや文化がいちはやく入ってきた都市、たとえば神戸のようなジャズの生演奏の盛んだった港町にもそういう店があったとしても不思議ではない。

だがバンドによる生演奏よりも再生装置やレコードの品揃えにこだわり、ジャズ・レコード鑑賞を目的とする客を対象とした店として記録が残されているものとなると、東京や横浜に集中しており、やはり「ブラックバード」や同じ年に新橋に開業した「デュエット」、その数年後に続いた下谷「アメリカン茶房」、浅草「ブラウンダービー」、京橋「ブランズウィック」、銀座「ゆたか」、横浜「ちぐさ」、「メーゾンリオ」、上野「ヤンキー」、新宿「マド」などがジャズ喫茶のはしりということになるだろう。

しかし、ここまで挙げた店の当時の広告などを調べてみると、どの店も「純喫茶」「純正喫茶店」「喫茶店」などと称していて、「ジャズ喫茶」という看板を掲げていた店は見あたらない。

唯一の例外は新橋の「ダット」だ。戦前の洋楽がご専門の音楽評論家・毛利眞人氏所蔵の資料、雑誌 『ダンスと音楽』の1938年8月号を拝見させていただいたことがあるが、そこに掲載されている同店の広告には「近代ジャズ喫茶の最高峰」という文句が書き込まれていた。

「ダット」という店は、油井正一によると、ジャズが敵性音楽とみなされた戦時中、〝脱兎のごとく〟一夜にしてジャズ喫茶から浪曲喫茶に鞍替えしてしまったというエピソードで知られる店だ。この「近代ジャズ喫茶」という宣伝文句には、おそらく、この広告よりも10年ほど前から開業していた「ブラックバード」などの初期ジャズ喫茶群とは一線を画すニューウェーブであり、新世代的な特色を備えた店であることを自負する意図も含まれていたのではないだろうか。

『ダンスと音楽』は、神田神保町にあった中古レコード屋「リズム社」の常連客だった榛名静男が戦前から戦後の長期にわたって編集長を務めた雑誌で、当初は社交ダンスのステップの解説などを中心にタンゴ、ジャズなどを扱っていたのだが、1938年ごろからリズム社店主の村岡貞夫を中心にジャズ関連記事に大きく誌面をさくようになり、戦争で発行を中断するまではジャズ情報誌の色合いを強めていた。

『ジャズ昭和史』(油井正一著 行方均編 DU BOOKS刊)によると、村岡はリズム社にやってくる客の中から見込んだ相手に原稿を書かせていたそうで、河野隆次、池上梯三、そして油井正一がデビューしたのがこの雑誌である。

おそらくジャズ・マニアの間では「ジャズ喫茶」という呼び名はすでに戦前から存在していたのだろう。しかし、関西大学社会学部永井良和ゼミのホームページにまとめられている「昭和戦前期ダンス・音楽関係目次総覧」には、戦前にジャズ関連記事を掲載していた『ダンスと音楽』や『ザ・モダン・ダンス』などの各号の目次を読むことができるが、これをチェックしてみても、ジャズ喫茶に関連した記事を示すものはみあたらない。『ダンスと音楽』1937年8月号の「音楽喫茶店自慢話」や『ザ・モダン・ダンス』1938年11月号の「レコード喫茶店曰く」という、ともに1ページのコラムらしき記事のタイトルがみとめられるぐらいだ。さまざまな文献をあたってみても、当時はジャズを含む外来音楽のレコードをかける喫茶店を「レコード喫茶」と呼んでいたのが一般的なようである。

私がいま知る限りでは、「ジャズ喫茶」という造語が本格的に流通を始めたのは、どうやら戦後になってからのようである。

(次のページへ続く)

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

AD & Recommendations

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

A D