札幌 ロンド / Rondo

札幌 ロンド / Rondo

 


 

本田竹廣がこよなく愛した赤いレンガのジャズ空間


 

札幌「ロンド」ジャズ喫茶案内創業は1959年。おそらく、北海道に現存するジャズ喫茶では最古。ただ、最初の移転までの5年間は、シャンソンやウエスタン、ハワイアンなどの「洋楽」もジャズと一緒にかける店だったという。マスターの鎌田恒一さんも、もともとはシャンソンが好きだった。

60年代半ばごろからジャズファンの客が圧倒的に増え、ジャズ専門の店に変わっていった。

「店をやりながらジャズを覚えていったわけでして、だから私はジャズのことはぜんぜん詳しくないんですよ」と鎌田さんは謙遜する。

鎌田さんは、十勝で生まれ、高校を出て喫茶店のアルバイトなどいくつかの仕事をへて、札幌の中心から少し離れた琴似で店を構えた。サラリーマンをやったことはない。

「当時の大卒初任給は1万円ぐらい。それに比べればずいぶん儲かりましたね、最初の10年間は(笑)」

札幌は最大の繁華街すすきのにジャズ喫茶やジャズバー、ライブハウスが集中していて、そこから市営地下鉄で20分ほど離れた琴似となると、地元以外の客が流れこんでくることはほとんどない。なぜこの町で商売を始めたのか。

「すすきののような、人の多いところがどうもイヤだったんでしょうね」

物静かな鎌田さんから話かけてくることは少ない。

「ジャズ喫茶って、あんまり話さなくてもいいからね。突っ込んだ話をしなくてもすむ。だから、この商売を変えようかと、ずーっと悩んできてはいるんだけど、だらだらとやめられない(笑)」

いまは鎌田さん独りでこの店をやっているが、10年前までは亡くなった奥さんと2人だった。

「開業当初のお客さんは若い人ばかりで高校生もいました。店とともに客の年齢もあがっていって、だんだん、みんな、いなくなっていきます(笑)。息子の嫁さんが『私が継ぐ』と言ってくれてはいますが…」

鎌田さんの息子さんは、『ジャズ喫茶マスター、こだわりの名盤』(講談社)など、ジャズ喫茶をテーマにした書籍やムックの取材、執筆、編集で知られる鎌田竜也さんである。

1979年にこの店が入っているビルが新築され、店も3度目の変身を遂げた。それ以来、何も変わっていない。

店で使われている北海道の伝統建築のシンボル、赤レンガには、鎌田さんの特別なこだわりがある。

業者から新しいレンガが安いからと提案されたが、鎌田さんは、古いものを探してきてくれと譲らなかった。道内一の生産地、江別からやってきたレンガ職人の客が、その珍しさに驚いたという。

アルテック604-8Gはそのときに導入した。ほかの店で耳にして気に入って以来、欲しかったスピーカーだ。

鎌田さんが選んでかけてくれた、日本を代表するジャズピアニストのひとり、今は亡き本田竹曠のピアノの一音一音が胸に響き、沁みわたっていく。なんと心安らぐ時間。

本田竹曠が札幌に来たとき、彼はよほどこの空間が気に入ったらしく、朝までここで飲み明かしていったという。(了)

札幌「ロンド」ジャズ喫茶案内

 

札幌「ロンド」ジャズ喫茶案内

Rondo ロンド

  • 店主:鎌田恒一 /創業年月日:1959年10月17日
  • 住所:北海道札幌市西区琴似1条5丁目細川ビルB 1F
  • TEL:050-7542-5499
  • アクセス:札幌市営地下鉄東西線「琴似」駅から徒歩1分
  • 営業時間:17:00〜0:00 定休日:日曜、祝日
  • HP:あり/SNS:なし
  • 席数:15/喫煙:可
  • 所有ディスク数:レコ−ド約1,600枚、CD約800枚
  • ライブ:なし
  • メニュー:チャージ料金(ショット800円、ボトル1,400円)、ワンショット500円〜、コーヒーなどソフトドリンクはチャージなしで 600円〜

<AUDIO>

  • ターンテーブル/テクニクスSP10MKⅡ
  • カートリッジ/デンオン103
  • CDプレイヤー/デンオンDCD1650AE
  • プリアンプ/自作トランジスターアンプ
  • パワーアンプ/自作トランジスターアンプ
  • スピーカー/アルテック604-8G

[ロンドの関連記事:ジャズ喫茶フォトコレクションジャズ喫茶巡礼

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

AD & Recommendations

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

A D