ジャズ喫茶のマッチ 関東 (8)

ジャズ喫茶のマッチ 関東 (8)

「ジャズ喫茶のマッチ」シリーズ、今回は松浦成宏さんのコレクションから

東京・世田谷区、目黒区、品川区のお店のアイテムです。

東京・下北沢のジャズ喫茶「マサコ」のマッチ©松浦成宏

80年代初めから幾度も下北沢の「マサコ」を訪ねました。1953年創業の有名な店です。このマッチは2003年頃にいただいたもの。このマッチの絵はジャズ・アートで著名な久保幸造の作品。一戸建ての建物の1階がジャズ喫茶になっており、様々な椅子やテーブルがあって居心地のよい店でした。女性スタッフが美人でした。コルトレーン、ロリンズなど、好きなサックス奏者の演奏が聴けました。スピーカーはJBL4343B。多くの人に惜しまれながら2009年9月に閉店。(松浦)

 

東京・明大前のジャズ喫茶「マイルス」のマッチ©松浦成宏

創業1960年、京王井の頭線明大前駅近くの「マイルス」。90年代末に初めて訪れてマッチをいただきました。1966年、ジョン・コルトレーンがコンサート終了後に来店したこともあるそうです。3度目に行ったときにママさんからコルトレーンが座ったカウンターの席に案内していただきました。ジャッキー・マクリーンやビル・エヴァンスが演奏するBeatiful Loveをリクエストして聴かせていただきました。マイルスやコルトレーンの写真パネルがありました。今も健在ですが夕方からの営業になっているようです。(松浦)

東京・目黒のジャズ喫茶「A列車」のマッチ©松浦成宏

東京・中目黒にあった「A列車」。1980年に中目黒に住み始めて目黒銀座通りを歩いていたときにJazz Coffee&Snackの看板を見つけて入りました。以来、何度も通ってマッチをいただきました。入り口から階段を上がるところに大きなコルトレーンのポスターがありました。スピーカーはアルテックのA7でメインストリームなジャズが流れていました。2006年に寡黙で親切なマスターが亡くなり、残念ながら28年続いた店が閉店となりました。(松浦)

東京のジャズ喫茶「ちゃばん」のマッチ©松浦成宏

東京・目黒の権之助坂にあった「ちゃばん」。創業は1975年。80年代初めに訪れました。当初はジャズ喫茶の雰囲気が十分にあって、スナックですが珈琲も頼めました。何度か通って数少なくなっていたマッチをママからいただきました。ママは映画『がんばっていきまっしょい』の磯村一路監督の奥様でした。ジャズバー、ライブもある店として営業していましたが2013年に閉店。いまはこの店の常連だった方がオーナーのスペイン料理の店「目黒バル ピノ」になっています。(松浦)

東京・荏原中延のジャズ喫茶「まつ」のマッチ©松浦成宏

東京・品川区、東急池上線荏原中延駅に近くにある「まつ」。90年代初めに訪れて以来、何度か通ってマッチをいただきました。1階がジャズの店、2階が雀荘というユニークな店です。1969年創業で、近くにある東京工業大学の学生もよく訪れているようです。スナックですが珈琲をはじめソフトドリンクの種類も多く、マスターからは新宿「ピットイン」の昔のエピソードなどをうかがいました。スピーカーはJBL。今も健在で「なかのぶジャズフェスティバル」に企画運営などで協力しています。(松浦)

松浦さんのジャズ喫茶マッチコレクションは

「シギーのブログ」にもアップされています。

「ジャズ喫茶案内」運営管理人。1959年生まれ。高知県出身。ジャズ喫茶初体験は18歳。ジャズライブ初体験は1978 年、 ジャズ喫茶「アルテック」(高知)でのビル・エヴァンス・トリオ。東京での出版社勤務を経て2013年、名古屋移住。jazzcity代表。

A D

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)