函館 J.B.ハウス

TRANSLATION

函館 J.B.ハウス

珈琲も酒も音もさりげなくよいものを集めて30余年

函館「JBハウス」ジャズ喫茶案内市電「青柳町」駅から約130m、函館公園入り口前の通りに「J.B.ハウス」がある。マスターの塚田保さんは、京都の大学を卒業して帰ってくるなり、自宅を改築してこの店を始めた。

塚田さんが大学卒業後すぐにジャズ喫茶を始めたのは、大学時代のアルバイトで得た経験があったからだ。

「大学時代は『YAMATOYA』『蝶類圖鑑』など、京都のジャズ喫茶を手当たり次第にぜんぶ通い、『しぁんくれーる』でアルバイトをしました。ママは商売に厳しかったですね。3時間たっても追加オーダーしない客がいると『オーダー取ってきて』と指示をされたり。この店での経験があったので、自分でもやれるという自信があったんです」と塚田さん。

「しぁんくれーる」は1956年に創業した京都のジャズ喫茶の草分け的存在。1995年に惜しまれつつ閉店するまでアート・ブレイキー、ホレス・シルヴァー、セロニアス・モンク、ソニー・ロリンズなど多くのジャズメンが来店したが、なかでもマイルス・デイヴィスは初来日以来、日本に来るたびにオーナーの星野玲子さんに会いに来たという。また星野さんもマイルスに招待されてニューヨークのマイルスの自宅に遊びに出かけたこともある仲だった。

「マイルスが来たのは姉妹店の『REMA』のほうでした。彼が来るなり、ママさんはそのまま休憩に入っちゃって僕らはずっと留守番をしていました。あのときマイルスは股関節を痛めていて、それをママさんが一晩中付き添って看病をしたんですよね」

塚田さんが初めてジャズを聴いたのは高校生のとき。昼休みの校内放送で流れてきたジョン・コルトレーンの「マイ・フェイバリット・シングス」だった。

「それまでは60年代の洋楽ヒットチャートをAMラジオにかじりついて聴いていたんですが、あの音はショックでした。最初はジャズというのはぜんぶコルトレーンみたいなものなのかと思いましたよ。でもぜんぜん違っていましたけど(笑)」

コルトレーンから入って、その周囲やフリージャズに熱中したこともあるが、いまはバップまわりに落ち着いたという。

「『いーぐる』のマスター、後藤雅洋さんの著書に『一生モノのジャズ名盤500』というのがありますよね、いま私が好んで聴いているのはまさにあれですよ。あの本に選ばれているレコードには私の時代のジャズ喫茶の匂いがしますね。当時のままの匂い。ですからあの本はジャズ初心者をはじめいろんな人に奨めています」

この『一生モノのジャズ名盤500』(小学館) の担当編集者でありジャズ評論家の村井康司氏は函館出身で、この店にふらっと遊びに来ることもあるという。

この店が常連客たちから喜ばれている理由のひとつに、スコッチウィスキーの品揃えが充実していることがある。

「知り合いの函館のバーのオーナーが、ウィスキー評論家でスコッチ研究家の土屋守さんとご縁があり、ちょうど私とお客さんがシングルモルトに入れ込んでいるときにお知り合いになるということもありました。15年ほど前から店ではシングルモルト中心に出しています。全世界で235本しかない28年物の『カリーラ』からワンショット700円で飲めるものまで、いろいろと揃えています。独りで飲んでいてもつまらないので、お客さんとジャズの話をしながら過ごすのが楽しいですね」

また、開店以来人気を集め、経営を支えているのがカレー。オリジナルの「JB辛口カレー」を中心にレシピはそのつど改良を加えている。珈琲の研究も熱心に続け、店のホームページには塚田さんの珈琲に対する知識がていねいに披露されている。いまはケニア産稀少種をブレンドしたものがおすすめ。

「もっといいものはないのかとつねに探しているんですよ。自分の好きなものを集めているだけなんですが、これをネタにお客さんと話ができるのがいいですね」

「ドアをくぐれば店はお客さんのもの」という塚田さん。さりげなくひとつひとつにこだわったこの店をどう楽しむかは客次第だ。(了)

函館「JBハウス」ジャズ喫茶案内

 

函館「JBハウス」ジャズ喫茶案内函館「JBハウス」ジャズ喫茶案内 J.B.HOUSE ジェイビーハウス

  • 店主:塚田保/創業:1978年
  • 住所:北海道函館市青柳町19-4  市電「青柳町」駅より徒歩2分(129m)
  • TEL 0138-27-1536 HP:あり/SNS:なし
  • 営業時間:11:30〜22:00
  • 座席数: 24席(喫煙可)駐車場1〜2台
  • 所有ディスク数:レコード約500枚、CD約1500枚
  • ライブ:不定期
  • メニュー: コーヒーTYPEⅠ(メキシコ・ソンゴリカ地域産100%)480円、コーヒーTYPEⅡ(ケニア・アイボリー農園産クラスAA60%)530円、JB辛口カレー750円〜、スパゲティ750円〜、ギネスドラフト680円、スコッチシングルモルト700円(シングル)〜

<AUDIO>

  • ターンテーブル:ケンウッド KP9010/カートリッジ:シュアーM44Ⅶ /CDプレイヤー デノン1650ER
  • プリメインアンプ:デノンSA11
  • スピーカー:ボーズ411、JBLサブウーファーE250P

[J.B.ハウスの関連記事:ジャズ喫茶フォトコレクションジャズ喫茶巡礼

AD




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

AD&記事