ジャズ喫茶はいつからジャズ喫茶となったのか

ジャズ喫茶はいつからジャズ喫茶となったのか

1950年代のジャズ喫茶の雑誌広告

話を戻すと、銀座「テネシー」の成功後、「ジャズ喫茶」という言葉が当時はどのように使われていたのか、『東京下町JAZZ通り』の中で、1938年東京生まれで上野の蕎麦店「蓮玉庵」店主の喬木雀三氏は次のように書いている。

当時コーヒーを飲んでレコードを聴く喫茶店は「サテン」と呼び、「ジャズ喫茶」というのは、ジャズに限らず色々なジャンルの音楽のライブ・ステージをコーヒー1杯で鑑賞できる店のことをいった。「ジャズ喫茶」は普通の喫茶店と比較して大規模であり、有名ミュージシャンの演奏を満喫できた。

1950年代の『スイングジャーナル』に掲載されたジャズ喫茶の広告を調べてみると、「ジャズとコーヒーの店」といった類のコピーは1953年ごろから見受けられるが、「ジャズ喫茶」というコピーを印刷した広告が登場するのは1955年あたりからのようだ(それより古いものをご存知の方はぜひご教示ください)。だがその数は少なく、私が確認できているのは横浜の「ワルツ」という店ぐらいだ。

この「ワルツ」は、同じ横浜のジャズ喫茶「ちぐさ」の吉田衛店主によると、100人ほどの客が収容できる規模の店で、のちの銀座「テネシー」などの珈琲1杯で昼間から生演奏を聴かせる〝ジャズ喫茶〟のスタイルのはしりのようだ。戦前、横浜随一といわれたカフェー「サクラサロン」を経営していた実業家が、伊勢佐木町にあった所有ビルの地下に開いたものだった。

「ワルツ」ではジャムセッションがよく行なわれていて、吉田店主は、のちにクレイジー・キャッツを結成する石橋エータローや安田伸をこのクラブに紹介して専属バンドのメンバーにしてもらったという(吉田衛『横浜ジャズ物語』神奈川新聞社刊より)。

明けて1956年に入ると、レコード鑑賞に重きを置いた、のちのジャズ喫茶のスタイルに近い店の広告ががぜん多くなってくる。銀座「スイング」、京橋「ユタカ珈琲店」など、1952、3年ごろから出稿していた店に加えて、新宿「ダット」、渋谷「スイング」、「バードランド」、上野「イトウコーヒー」、神田三崎町「LP」、高円寺「かぶーす」などの広告がほぼ毎号顔を見せている。これらの店は「ワルツ」や「テネシー」、「不二家ミュージック・サロン」のような、コーヒーを飲ませながら生演奏を聴かせる店ではない。

ジャズ喫茶広告1・ジャズ喫茶案内
[1950年代のジャズ喫茶雑誌広告](上)横浜「ワルツ」スイングジャーナル1955年5月号より (中)東京・上野「イトウコーヒー店」スイングジャーナル1955年5月号より (下)高円寺「かぶーす」スイングジャーナル1956年11月号より
ジャズ喫茶広告2・ジャズ喫茶案内
[1950年代のジャズ喫茶の雑誌広告](上)東京・銀座「スイング」スイングジャーナル1955年5月号より (中)東京・京橋「ユタカ珈琲店」スイングジャーナル1954年11月号より (下)東京・神田三崎町「LP」スイングジャーナル1956年11月号より
ジャズ喫茶広告3・ジャズ喫茶案内
[1950年代のジャズ喫茶の雑誌広告](上)東京・新宿「ダット」渋谷「スイング」「バードランド」1956年11月号より (下)東京・銀座「スイング」1954年11月号より

(次のページへ続く)

「ジャズ喫茶案内」運営管理会社。雑誌、書籍、ウェブなど各種メディアの取材、撮影、原稿執筆、編集を承ります。お問い合わせ、お仕事のご依頼、連絡先⇨mail@jazzcity.co.jp

AD & Recommendations

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

A D